電動歯ブラシに最適なホワイトニング歯磨き粉は?

ホワイトニング歯磨き粉は電動歯ブラシに使っても大丈夫?

 

ホワイトニング歯磨き粉は、電動歯ブラシで磨いてもいいのでしょうか。

 

基本的には大丈夫です。(電動歯ブラシ使用不可のものもあるので、使用前に必ず確認しましょう)

 

ただし、ホワイトニング歯磨き粉の中には、電動歯ブラシと相性が悪いものもあります。

 

「知らずに使っていた!」なんてことを避けるためにも、電動歯ブラシと相性よいホワイトニング歯磨き粉について、詳しく紹介します。

 

電動歯ブラシに最適な歯磨き粉

研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉

電動歯ブラシで磨くメリットは、回転数の多さで、細かいところまで汚れをしっかりと落としてくれる点です。ところが、そこに研磨剤がたくさん配合されている歯磨き粉を使ってしまうと、歯の表面を傷つける恐れがあります。

 

ホワイトニング歯磨き粉には、研磨剤入りがたくさん出回っているので、購入する際には成分を確認して、研磨剤不使用か研磨剤入りでも細かく少量しか入っていないものを選びましょう。

 

ただし、研磨剤とは書かれていません。

 

歯磨き粉の基本成分は、清掃剤・湿潤剤・発泡剤・粘結剤・香味剤・保存剤で、清掃剤が研磨剤のことです。

 

発泡剤不使用のホワイトニング歯磨き粉

発泡剤とは、歯磨きを泡立たせる成分です。

 

電動歯ブラシは振動数が多い分、泡が立ちやすいために、発泡剤入りの歯磨き粉だと、口の中が泡だらけになって磨きにくくなるデメリットがあります。

 

また発泡剤自体が、安全性について賛否両論の意見のある成分なので、できれば避けた法がいいといえます。

 

しっかり隅々まで磨くために、電動歯ブラシには発泡剤不使用の歯磨き粉がいいでしょう。

 

ラウリル硫酸ナトリウム・ショ糖脂肪酸エステル・ラウロイルサルコシンソーダといった成分名があれば、発泡剤入りの歯磨き粉になります。

 

電動歯ブラシで効果的に磨く方法

電動歯ブラシを使うメリットは、手で磨くよりも、隅々までキレイに磨けることです。ただし、間違った使い方をすると歯や歯ぐきを傷つけてしまう恐れがあります。

【電動歯ブラシを使う時の注意点】

  1. 力を入れ過ぎない

    特に研磨剤が配合されている歯磨き粉を使う場合には注意が必要になります。

  2. 歯磨き粉を付け過ぎない

    適量は米粒くらい。歯磨き粉を付け過ぎてしまうと、口の中が泡だらけになってしまいます。

 

結論として・・・
電動歯ブラシには、研磨剤・発泡剤不使用のジェルタイプがオススメです。

 

具体的に、電動歯ブラシとの相性がいいホワイトニング歯磨き粉は

 

「はははのは」
「ちゅらトゥースホワイトニング」
「プレミアムブラントゥース」
「パールホワイトプロex」
「トゥースメディカルホワイト」などです。

 

どれも、研磨剤・発泡剤不使用のジェルタイプです。

 

ジェルタイプは垂れ落ちない?
ジェルといっても、適度な粘りがあって垂れにくく、電動歯ブラシにオススメの歯磨き粉ばかりです。

 

市販の電動歯ブラシ用の歯磨き粉はジェルタイプが多いので、ホワイトニング歯磨き粉もジェルタイプを選べば、電動歯ブラシとの相性もバッチリですよ♪

 

>>ジェルタイプのホワイトニング歯磨き粉の詳細を見る