ホワイトニング歯磨き粉の「化粧品」と「 医薬部外品」の違い

ホワイトニング歯磨き粉「化粧品 」「医薬部外品」の違い

ホワイトニング歯磨き粉を試してみて、いろいろな特徴を持つ製品がある中で、医薬部外品とそうではないものがあることに気が付きました。

 

医薬部外品という表示がないものは何になるの?と思い、調べてみたところ、化粧品に分類されるそうです。

 

歯磨き粉なのに化粧品?

 

化粧品といえば、化粧水や乳液、アイシャドウなどが真っ先に思い浮かびますが、実はさまざまな商品が化粧品に分類されます。

 

歯磨き粉もその1つで「医薬部外品」と「化粧品」があります。

 

では、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時に、化粧品と医薬部外品のどちらがいいのか、それだけ1つとっても判断に迷ってしまうので、ここでは、化粧品と医薬部外品の違いについて調べてまとめてみました。

 

医薬部外品と化粧品の違い

医薬部外品と化粧品について触れる前に、医薬品について簡単に説明します。

 

医薬品とは、病気の治療や予防のために使用されるもので、厚生労働省から効果・効能が認められています。

 

化粧品
医薬部外品と比べて、効果・効能が緩和で美容目的で使われる製品です。医薬部外品のように効果・効能を表記することは認められていません。

 

もちろん化粧品歯磨き粉も効果・効能を記載できませんが、「歯を白くする、口中を浄化する、ムシ歯を防ぐ、口臭を防ぐ、歯のやにを取る、歯垢を除去する、歯石の沈着を防ぐ」といった表現は認められています。

 

医薬部外品とは

  • 厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されたもの
  • 医薬品よりも作用が穏やか
  • 治療ではなく、予防を目的にしている

肌荒れ・ニキビを防ぐ・日焼けによるしみやそばかすを防ぐといった効果を記載できるのが医薬部外品で、普通の化粧品が、効果・効能を記載すると薬機法(旧薬事法)違反になります。

 

化粧品歯磨き粉の上記の表現に加え、「虫歯の発生や進行の予防」「歯肉炎・歯周炎の予防」といった効果や効能を謳うことができるのが、医薬部外品の歯磨き粉です。

 

歯磨き粉の成分表示の見方

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際に、もう1つチェックしたいのが成分です。

 

歯磨き粉の場合、医薬部外品・化粧品共に、配合成分はすべて表示するように決められています。(※一部省略されるものもあり)

 

成分名の表示の順番は、製品における分量の多い順に記載すると決められています。

ホワイトニング歯磨き粉医薬部外品と化粧品どちらを選ぶ?

医薬部外品の方が、効果・効能がはっきりしているので化粧品よりも良さそうなイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

確かに、医薬部外品は効果・効能が認められた有効成分が明確に表示されているので、製品を選びやすいというメリットはあります。

 

だからといって、化粧品が医薬部外品と比較して、期待する効果や効能が低いわけではありません。

 

医薬部外品は、認可された成分を決められた量しか使えないのに対して、化粧品は、全成分表示の義務はありますが、配合量に制約はありません。

 

化粧品には、医薬部外品のような制約がない分、よりいい成分を高濃度に入れることができます。

 

必ずしも「医薬部外品の方がいい」とは限らないのです。

 

化粧品であっても、成分が充実しているものの方が効果を期待できる場合があります。

 

医薬部外品とか化粧品だけを見るのではなく、大事なのは成分をきちんと確認することです。

 

ホワイトニング歯磨き粉といっても、成分によって効能や効果は全然違うので、自分に合った効能があるホワイトニング歯磨き粉を使うのが一番良いと思います。

 

人気のホワイトニング歯磨き粉を比較しています。参考にどうぞ