ヤニ取り効果の高いホワイトニング歯磨き粉

ヤニ取りに適したホワイトニング歯磨き粉とは?

 

ヤニで茶色に汚れた歯

 

ヤニ取り用の歯磨き粉でガシガシ磨いていませんか?

 

実はこの行為が歯の黄ばみや汚れを悪化させる原因となっています。

 

歯磨きが歯の黄ばみを悪化させる!何で?って思いますよね。

 


歯磨きはヤニやステインの予防のためには絶対に必要なのですが、ここで重要なのが歯磨き粉選びです。

 

ヤニ取り歯磨き粉研磨剤入りを選ばない方がいい理由

市販でホワイトニングを謳っている歯磨き粉には、ヤニやステインを落とすために研磨剤が配合されています。

 

研磨剤といっても、研磨力が比較的弱いものから強力なものまでありますが、ヤニ取り専用の歯磨き粉には、研磨力の強い研磨剤が配合されています。

 

判断する目安として、肉眼でわかるほどのつぶつぶやざらざらの舌触りがあるものは粒子の粗い研磨剤が使われていると思ってください。

 

研磨剤は、歯の表面を削ってヤニを落とします。

 

磨いた時は、一見ツルツルでキレイになっていますが、ヤニを落とす時に歯の表面も傷つけています。

 

もちろん、肉眼ではわからない細かい傷ですが、歯の表面は傷だらけ

 

その傷にヤニや着色汚れがついてしまうと簡単には落ちません。タイルの目地についた汚れは落とすのが大変なのと同じです。

 

その汚れを落とすために、むきになって磨き続けると歯が削れていきます。

 

エナメル質が薄くなると、内側にある黄色っぽい象牙質の色が透けて見えてしまい、さらに歯が黄ばんで見えるようになります。

 

ヤニ取りでいちばん重要なのは歯を傷つけないでヤニを取ることです。

 

そのためには「歯を傷つけずにヤニを落とす成分が入っている歯磨き粉を選ぶ」「力を入れて磨かない」ことが重要なポイントになります。

 

歯を傷つけないでヤニを落とす成分とは

ヤニ取り効果が高い成分として厚生労働省が認可しているのが、ポリエチレングリコール(マクロゴール、PEG)・ポリビニルピロリドン(PVP)・ポリリン酸ナトリウムの3つになります。

 

ヤニ取り効果を謳っている歯磨き粉には必ずこのうちの1種類は入れる決まりになっています。

 

ヤニ取り効果のある成分 商品名 研磨剤

ポリエチレングリコール
(マクロゴール、PEG)

オーラパール
アパガードプレミオ

あり
ポリビニルピロリドン(PVP) アパガードリナメル あり
ポリリン酸ナトリウム

はははのは
パールホワイトプロEX
トゥースMDホワイトEX

なし

 

この中で研磨剤に頼らず、汚れを浮かして落とすのが、ジェルタイプの「はははのは」「パールホワイトプロEX」「トゥースMDホワイトEX」です。

 

ペーストタイプの「オーラパール」「アパガード」には、研磨剤は使用されていますが、ハイドロキシアパタイトで細かいミクロの傷を修復する作用もあります。

 

ただし、ジェルであれペーストであれ、ホワイトニング歯磨き粉でヤニ汚れを落とすには、時間がかかります。特に、頑固なヤニ汚れほど根気が必要となります。

即効性を求めるなら歯医者のクリーニング

ヤニを落とす最も効果的な方法が歯のクリーニングです。

  • 通常の歯科医院でできます
  • 通院回数は1回〜複数回
  • 費用3,000円前後(保険適用)

歯のクリーニングは、ホワイトニング専門のクリニックや審美歯科などに行かなくても、どこの歯科医院でも受けることができます。

 

クリーニングの方法は、高圧塩水シャワーといって、高圧で塩水を歯に当てて、ヤニや汚れを落とします。

 

この方法でかなりの汚れは落ちますが、さらに歯をキレイにする方法として「PMTC」があります。

 

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、専門家が専用の機器を使って行う歯のお掃除のことです。

 

PMTCの手順

  1. 歯垢(プラーク)の染めだし
  2. フッ素入りの研磨剤を塗って、歯の表面、歯と歯ぐきの間をクリーニングする

 

これは大まかな手順で、歯科医院によって施術の内容はそれぞれ違ってきます。もし、PMTCを受ける場合には、その歯科医院で詳しい説明を受けましょう。

 

PMTCのメリット

  • ヤニやステインを落とし白い歯になる
  • 汚れが付きにくくなる
  • 虫歯・歯周病の予防

ただし、PMTCは自費治療になるために保険適用外になり、料金は1回当たり5,000円〜2万円くらいが相場となっています。

 

歯のクリーニングやPMTCを受ければ、ヤニが落ちて白くツルツルの歯になります。

 

でも、この効果は永久には続きません。時間と共に再び汚れが付着して黄ばんでくるので、定期的にクリーニングを受ける必要があります。

 

歯医者に行く時間がなかなか取れない

 

費用の関係でクリーニングの回数を減らしたい

 


ここで、ヤニ取り効果の高いホワイトニング歯磨き粉の出番になります。

 

定期的な歯のクリーニングとヤニ取り効果のあるホワイトニング歯磨き粉を使うことで、クリーニングでキレイになった歯をできるだけ長くキープすることができます。

 

この時、研磨剤なしで安全にヤニを落とすことができる歯磨き粉を選ぶことを忘れずに!

安全にヤニ取りできるホワイトニング歯磨き粉

ここでは、歯を傷つけずに安全にヤニ取りができるホワイトニング歯磨き粉をピックアップしました。参考にどうぞ!

 

はははのは パールホワイトプロEX トゥースMDホワイトEX

 

※ヤニ取り成分
→ポリリン酸ナトリウム
※研磨剤なし
※価格1,980円
購入先
はははのは公式
レビューページ
はははのは体験談

 

※ヤニ取り成分
→ポリリン酸ナトリウム
※研磨剤なし
※価格3,240円
購入先
パールホワイトプロ公式
レビューページ
パールホワイトプロEXの体験談

 

※ヤニ取り成分
→ポリリン酸ナトリウム
※研磨剤なし
※価格
購入先
トゥースMD公式
レビューページ
トゥースMD体験談