ステイン予防のために取り入れたい習慣とはやってはいけないこと

ステインを予防するためにやりたいこと

ホワイトニング歯磨き粉

ステインは、毎日少しづつ歯に付着して蓄積し、時間が経ってしまうと簡単には落ちなくなります。そうならないためには、ステインを予防する工夫が大切です。

 

ちょっとした習慣をとりいれるだけで、ステインの予防になり、白くキレイな歯をキープすることができます。決して難しいことではないのでお試し下さい。

  1. 食後に口をゆすぐ
  2. ガムを噛む
  3. 優しく歯を磨
  4. タバコをやめる

 

1.食後に口をゆすぐ

ステインの原因となりやすいコーヒーや紅茶、お茶などを飲んだら、できるだけ早くお水で口をゆすぎます。

 

外出先ですぐに口をゆすぐのが難しい場合には、着色しやすい飲み物は控えて、お水を飲むことをオススメします。でも、水っていう気分ではないんだけど・・・

 

それなら、「サントリー天然水の透明の紅茶」なら、着色しにくいのでは?

 

普通の紅茶よりステインが付きにくいような感じもしますが、透明とはいっても紅茶だし、どうなのでしょうか?

 

そこで、サントリーにメールで問い合わせをしてみました。

 

歯の着色に影響すると言われるタンニンは、紅茶に含まれる成分であり「PREMIUM MORNING TEA ミルク」「PREMIUM MORNING TEA レモン」の両商品にも微量に含まれておりますが、既存の紅茶飲料と比較すると
かなり少ない量のため、タンニンに由来する歯の着色への影響も小さいと考えられます。

 

しかしながら、歯の着色については評価などは実施していないため、実際の影響についてはわかりかねます。

 

このようなお答えをいただきました。

 

普通の紅茶よりはタンニンの量が少ないけど、全く影響がないとは言い切れないようなので、やはり飲んだ後は、口をゆすいだり、歯磨きをした方がいいようですね。

 

2.ガムを噛む

ホワイトニング歯磨き粉

歯を白くする効果のあるガムがあります。

 

「キシリトールホワイト」です。キシリトールは、虫歯の原因にならない甘味料として知られていますが、そのキシリトールに新たに「メタリン酸ナトリウム」を配合したのが「キシリトールホワイト」です。

 

「メタリン酸ナトリウム」といえば、ステインを浮かして落とし、再付着を防止する効果のある成分で、「はははのは」「パールホワイトプロEX」「トゥースMDホワイトEX」などのホワイトニング歯磨き粉にも配合されています。

 

食後や間食後、すぐ歯磨きができない時には、ガムを噛むことによって、ステインの付着を防ぐ効果が期待できます。

 

ガムを噛むメリットはもう1つあります。ドライマウスの予防です。

 

ドライマウスとは、口腔乾燥症といい、唾液の分泌が低下して口の中が乾燥する病気です。

 

口の中が乾燥すると、さまざまな悪影響が出ますが、その1つが着色汚れが付きやすくなることです。

 

3.優しく歯を磨く 

ホワイトニング歯磨き粉

ゴシゴシと力を入れて歯を磨いていると、目には見えないミクロの傷が歯の表面について、余計にステインが付きやすくなります。さらに、傷付いたところについたステインは落ちにくくなります。

 

力を入れ過ぎず、優しく丁寧に磨くことが大切です。その際には、歯を傷つけずにステインを剥がして落とす成分が入っているホワイトニング歯磨き粉を使うとさらに効果的です。

 

4.タバコをやめる

ホワイトニング歯磨き粉

タバコに含まれるタールという成分は、ペリクルと結びつく性質があり、これがヤニ汚れになります。数時間以内であれば、歯磨きでヤニ汚れが取れますが、時間の経過に伴い、こびりつきがひどくなり簡単には落ちなくなります。

 

ステイン汚れの防止だけではなく、健康のためにも禁煙をオススメします。

 

ステイン予防にやってはいけないこと

ステイン予防のための生活習慣を取り入れても、ステインをひどくしてしまうことを行っていたら、何にもなりません。予防のためには、やってはいけないことも知っておく必要があります。

 

1.研磨剤入り歯磨き粉を使わない

研磨剤入りの歯磨き粉で磨くと、一時的には歯が白くなったような気がしますが、研磨剤によっては歯の表面に傷がつき、かえって着色汚れがほどくなってしまうことがあります。

 

特に、市販の低価格のホワイトニング歯磨き粉には、粒子の粗い研磨剤が入っている可能性が高いので注意しましょう。

 

2.ステイン除去グッズを使いすぎない

ステイン除去グッズに「歯の消しゴム」があります。

 

ペン状の先端にシリコンゴムがついているホワイトニンググッズで、薬局やドラッグストアで低価格で購入することができます。

 

主成分は研磨剤で、歯の表面についている汚れを削って落とすだけで、歯自体を白くする成分は入っていません。

 

研磨剤が入っている以上、ゴシゴシと磨きすぎると歯の表面を傷つけ、かえって着色汚れを悪化させる可能性があります。

 

3.塩や重曹によるステイン除去

歯磨き粉の代わりに、塩や重曹を歯ブラシにつけて磨くとステインを除去することができます。

 

低価格でで簡単にできるステイン除去ですが、塩や重曹は歯の表面を傷つけやすいというデメリットがあります。

 

歯を傷つけずに白くするオススメの方法

ステインを落とす方法はいろいろとありますが、やり方次第では歯を傷つけ、かえって歯の着色汚れを悪化させてしまう場合があります。

 

「歯を傷つけずに安全に白くする」「歯医者のホワイトニングよりも低価格」で歯を白くするならホワイトニング歯磨き粉がオススメです。

 

研磨剤不使用で、ステインを浮かして落とす成分が配合されているホワイトニング歯磨き粉があります。こうした商品を選べば、自宅で安全に白い歯を実現できます。

 

>>オススメのホワイトニング歯磨き粉について見る